引越し業者 安い

信用できない引っ越し業者はどのように見分けることができるのでしょうか

引っ越し業者を選ぶとき、できるだけ安い業者にお願いしたいところですが、いくら安いからと言って、信用ができない業者を選ぶようなリスクは犯したくないものです。

 

では、どのような業者が信用できないのでしょうか?

 

基本的に、全日本トラック協会に加入し、国土交通省が定めた「標準引越し運送約款」を採用している業者を選ぶようにしましょう。

 

独自の約款を提示する業者もいますが、その場合は注意したほうが良いでしょう。

 

引越しをお願いするのであれば、国土交通省の認可を受けていない業者は避けましょう。

 

免許を受けている業者は緑色のナンバーをつけているトラックです。

 

見積もりをするときに、下見の実費をいきなり請求する業者も注意が必要です。

 

下見の実費を請求する場合は、事前に説明することが義務付けられているので、見積もりにやってきていきなり実費を請求される場合、引越しをお願いするのは避けたほうが良いでしょう。

 

問題なのは、作業員の教育ですが、こればかりは実際に来てみないとわかりません。

 

営業担当の方が人当たりが良くてよい方でも、実際に作業に来てくれる方は別の方です。営業担当者の対応は、一つの目安にはなりますが、それで決めるのは避けたほうが良いでしょう。

 

一つの目安として、きちんと打ち合わせをしてくれる業者を選ぶようにしたらどうでしょうか。

 

見積もりをするときに、できるだけ安くする方法として、梱包資材をこちらで準備したり、荷造りや荷解きは自分でするなどいろいろな方法が考えられます。引越費用を安くする方法を適切にアドバイスしてくれる業者なら、比較的良心的な業者と言えます。

 

あくまでも営業担当者の対応なので、実際に来る作業員が同様にきちんとした対応をしてくれるとは限らないのですが、少なくともお客の立場に立って考えてくれる営業担当者がいる業者なら、ハズレのリスクは少ないと考えてよいのではないでしょうか。

 

信用できない引っ越し業者の見分け方関連ページ

引越しの見積もりは無料です
引っ越し業者で安い業者のランキングをチェックすると安い時期があったりします。今お得なおすすめの業者は?