引越し業者 安い

引越し業者で安い業者を探すには

引っ越し業者で料金が安い業者はどこでしょうか?

 

引っ越し業者

引っ越し業者ランキングを見ても、ランキングによっておすすめの業者は全然違うから、どの業者が一番安いのかネットのランキングを見ても迷うだけです。

 

それに、引っ越し業者のサイトを見てみると、引っ越し料金を提示している業者はほとんどいません。見積を取らないと料金がわからない業者がほとんどです。

 

 

引っ越し料金を安くするには、複数の業者から見積もりをもらって比較しなければいけません。引っ越しの荷物の量や距離、希望するオプションによって、引っ越し料金は業者によって大きく違います。つまり、引っ越す人によって、一番安い料金の業者が変わることになります。

 

でも、多くの業者から見積を取るのって、とっても大変です。業者の連絡先を見つけて、引っ越しの荷物の量や行き先など、いろいろ細かな情報を伝えなければいけません。それもたくさんの業者に同じような説明をしなければいけないのです。

 

さらに、自宅に来てもらって見積もらなければいけない場合は、たくさんの業者を家で待って対応しなければいけないわけです。そんな時間と手間がかかることはやりたくない。

 

だったら、ネットで引っ越し業者の一括見積もりをもらえるサービスがあります。一度、引っ越しの情報を入力すると、複数の引っ越し業者から見積もりを取ることができるとても便利なサイトがあるのです。

 

⇒ 引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!

引越し料金の基本料金

引越し料金はどのように決まっているのでしょうか?

 

実は、引越しの運賃の基本的な運賃は法律によって枠が決められているのです。だから、業者によって料金の差が大きくなることはありません。

 

引越し料金には、運賃と実費そして付帯サービス費によって構成されています。この中で、運賃は国土交通省によって決められています。

 

引越しの運賃は、引越しにかかる時間と曜日、季節、荷物の量や移動する距離によって標準的な料金が決められています。なので、見積もりをもらわなくてもある程度予想することができます。

 

引越しにかかる時間や移動距離、使用するトラックの大きさなどによって基本料金が決まります。基準運賃の上下10%の範囲内で基本料金が決めるのです。

 

また、休日割り増しや深夜早朝割り増しなどが、基準運賃の20〜30%加算されますし、利用者の都合で車両を長い時間留め置いた場合は、車両留置料金が加算されます。

 

引越し料金の実費

引越し料金には、基本料金の他に、作業員の人件費や梱包資材、特殊機械使用費などが必要になります。

 

荷物を搬出入する作業員の人件費が必要になります。荷物を梱包するのをお任せするサービスを利用すると、その分、人件費が高くなります。

 

また、段ボールやビニール紐、ガムテープなどの梱包資材費も別途加算されます。自分でこれらの資材を安く購入できるときには、自分で安い梱包資材を用意することで、引越し料金を安くすることができます。ただし、交渉しだいでこれらの梱包用品を無料にしてくれる業者もいるので、事前に確認しておきましょう。

 

荷物を通常の手段では搬入できない場合、リフトやクレーンなどの特殊な機械が必要になります。

引越し料金の付帯サービス

引越し料金には付帯サービスも必要になる場合があります。

 

例えば、エアコンの取り外しや据付、テレビのアンテナの取り外しや設置、テレビの調整、自家用車の陸送など、いわゆるオプションと呼ばれるサービスをお願いすると、別途料金が必要になります。

引っ越し業者が安い時期

引越しにはシーズンがあります。引越しが集中するのは2月から3月の年度末です。人事異動で転勤が必要になったり、進学で上京したり、就職が内定して就職したりするときに、引越しをお願いする人が増えます。

 

引越しシーズンには、業者もトラックや人員が不足するので、引越し料金が高くなるのです。

 

 

できれば、引越しを2〜3月にするのは避けたいのですが、なかなかそうは行きませんね。